エクソシスト Wiki
Advertisement
エクソシスト3
The Exorcist III
監督 ウィリアム・ピーター・ブラッティ
脚本 ウィリアム・ピーター・ブラッティ
製作 ウィリアム・ピーター・ブラッティ
製作総指揮 ジョー・ロス
ジェームズ・G・ロビンソン
音楽 バリー・デ・ヴォーゾン
撮影 ジェリー・フィッシャー
編集 ピーター・リー・トンプソン 他
配給 20世紀フォックス
公開 1990年8月17日 アメリカ合衆国の旗
1990年11月17日 [[image:テンプレート:Country flag alias Japan|border|25x20px|テンプレート:Country alias Japanの旗]]
上映時間 110分
製作国 アメリカ
言語 英語
前作 エクソシスト2
次作 エクソシスト ビギニング
allcinema
IMDb
  

エクソシスト3』(The Exorcist III)は1990年制作のアメリカ映画。『エクソシスト』の原作者であるウィリアム・ピーター・ブラッティが、最も気に行っていたキャラクターのキンダーマン警部を主人公にした物語を構想し、続編として『Legion』を書き上げ、自ら映画化した作品。『エクソシスト2』の出来に不満を持ったブラッティが1作目『エクソシスト』の正当続編として作ったものである。

スタッフ[]

  • 製作・監督・脚本・原作:ウィリアム・ピーター・ブラッディ
  • 製作:カーター・デ・ヘイヴン
  • 制作補:スティーヴ・ジャフィ
  • 製作総指揮:ジョー・ロス / ジェームズ・G・ロビンソン
  • 音楽:バリー・デ・ヴォーゾン
  • テーマ曲: 「チューブラー・ベルズ」(マイク・オールドフィールド
  • 撮影:ジェリー・フィッシャー
  • 編集:ピーター・リー・トンプソン
  • 美術:レス・デイリー
  • 特殊メイク:グレッグ・キャノン
  • 特殊効果:ランディ・E・ムーア

キャスト/吹き替え[]

役名 / 吹替役名 俳優 日本語版1 日本語版2
ウィリアム・キンダーマン警部 ジョージ・C・スコット 納谷悟朗 鈴木瑞穂
ジョセフ・ダイアー神父 エド・フランダース 阪脩 山内雅人
双子座殺人鬼 ブラッド・ドゥーリフ 江原正士 大塚芳忠
患者X ジェイソン・ミラー
モーニング神父 ニコル・ウィリアムソン 高城淳一 池田勝
医師テンプル スコット・ウィルソン 小島敏彦
看護婦アラートン ナンシー・フィッシュ 堀絢子
ステッドマン刑事 ジョージ・ディセンゾ 池田勝
ライアン刑事 ドン・ゴードン
学長 リー・リチャードソン 秋元羊介
アトキンス刑事 グランド・L・ブッシュ 谷口節
クレリア婦人 メアリー・ジャクソン 高村章子
ナースX ヴィヴェカ・リンドフォース 京田尚子
  • 日本語版1:フジテレビ1994年8月20日『ゴールデン洋画劇場』。現行DVD版には未収録。
  • 日本語版2:ビデオ日本語吹替版に収録(1991年CBS/FOXビデオ発売。絶版)。現行DVD版には未収録。

ストーリー[]

1990 年、ジョージダウン、ポトマック川付近に黒人の少年の死体が発見される。その死体の状態が、首を切断されたうえにピエロのメイクが施されたキリストの像が挿げ替えられている異常なものだった。左手の中指は切り落とされ、右手に双子座のマークも彫りこまれている。事件にあたったキンダーマン警部は、15年前に解決している双子座の殺人事件に酷似している事に頭を悩ます。犯人は処刑されているからだ。

そして、第二の事件が起こる。教会の告解室で、カナバン神父が何者かに殺された。死体の手にはやはり双子座のマークが彫りこまれていた。同一犯の見方を強めたが、指紋は別のものであった。さらに、今度は警部の親友ダイアー神父が入院先の病院で殺害される。血を抜き取られ、標本瓶に詰められるという悲惨な状態で発見されたのだ。少年の猟奇的な殺人と二人の神父の死が宗教的な関連があるかもしれない、と考えたキンダーマンは大学の学長に相談する。学長は、15年前のダミアン・カラス神父が命を落としたリーガン・マクニールの悪魔払いが関係していると語る。「カナバンは自分の前任者で事件をカラスに調査させ、ダイアーはカラスの親友、キントリー少年の母親は当時、リーガンの悪魔憑きの声を分析したスタッフの一人だった」と明かす。そして、悪魔払いの経験のあるモーニング神父にも相談するようアドバイスもした。その後、病院の責任者テンプル医師より双子座の殺人犯だと名乗る患者がいると教えられる。その患者は15年前から隔離病棟にいる患者で、数日前から意識を戻したというのだ。しかし、キンダーマンはその患者の顔を見て驚愕する。15年前に死んだカラス神父にそっくりだったからだ。「お前はカラスか?」という問いに、男は「俺は誰でもない。大勢(レギオン)だ。親友であるご主人様に復讐を頼まれたのだ。」と語る。次の瞬間、男の顔は双子座の殺人犯に変わり、当事者でしか知りえない話を語り始める。そして、「俺が犯人だと発表しろ。」と言ってキンダーマンに詰め寄る。男は、懐疑的だったキンダーマンに事実を認識させる為に看護婦を殺す。再び問い詰めるキンダーマンに、男は「リーガンから悪霊を追い出したカラス神父への復讐の為、ご主人様が自分をカラス神父の死体に押し込み、精神病患者にとり憑き仕事をさせてもらっているのだ。」と告白する。それでも信じないキンダーマンに、男は「いよいよダンスの招待状をだしたな」と言って昏睡する。男は再び精神病患者に乗り移り、キンダーマンの娘を殺しに向かう。それを察知したキンダーマンが自宅に駆けつけ憑依された患者と対峙するが、寸前のところで患者から双子座の殺人犯の霊が離れる。モーニング神父が男のもとに悪魔払いにやってきたからだ。だが、悪魔の力は強力で、神父は血まみれになりねじ伏せられてしまう。そこへキンダーマンが駆けつけ、カラスの体から悪魔を開放する為に銃口を向けるが、悪魔の力にたたき返され、天井に押さえつけられる。悪魔がキンダーマンを処刑しようとした瞬間、一筋の光が十字架を照らし始めると、モーニング神父が意識を戻す。そして、カラスに「戦え!!」と呼びかけるが…。

Advertisement